足がむくむ!乾燥ガサガサ・冷えもある!50代!どうすれば美脚になる?

私は、今アラフォーなのですが、50代の知人の女性に以下のことで悩んでいるという話を聞きました。

最近、足の様子が気になるということです。

水を飲み過ぎているわけでもないのに、浮腫み、浮腫むということは水分過多だと思うけれど、表面はカサカサ乾燥しているし、冬だけでなく夏も靴下が欠かせないほどの冷え性ということです。

私が何か体験を元にアドバイスできる立場でもないので、私なりに調べてみました。

すると、これは更年期に発生する症状の1つということがわかりました。

更年期障害と聞くと、イライラするといったものがイメージ強いと思いますが、身体にも症状が現れることを知りました。

このことを知人女性に話すと、確かに更年期を迎えている自覚はあるということです。

これまでは、なんとも思わないような些細なことにイライラするというのです。

感情的になってしまうことは更年期の特徴と認識しています。

更年期だから、足にもそういう症状が出るということがわかると安心できるかもしれませんが、それでは改善されません。

何か対策はないのでしょうか。

まず浮腫みについてですが、リンパマッサージが良いかなと思ったのですが、その前に水分が不足して老廃物が溜まっていると浮腫むという話もあるので、浮腫むからといって水分を控えると更に浮腫みの原因を招くことになることもあります。

ジュースよりお茶、お茶より水を飲んで水分補器裕をしてください。

浮腫みの原因である老廃物を流すために水が必要です。

更年期は、女性ホルモンの低下により発生すると言われますが、自律神経も乱れると言われています。

自律神経が乱れるとリンパの流れも滞ると言われています。

また血液の流れも滞ります。

肌の乾燥は血液が必要な栄養を届けていないから起こる可能性もあると言われています。

肌の乾燥は外側からの保湿だけでなく、身体の内側からきちんと対応しなくてはならない状態かもしれませんね。

他に筋肉の低下も原因と言われています。

筋肉は加齢で衰えるのは仕方ないかもしれませんが、そのまま放置すると老廃物は溜まり血液に含まれる栄養も末端まで行き渡らなくなります。

代謝機能も低下します。

代謝が低下すると、浮腫みの原因につながります。

年齢に応じた金肉量は備えておきたいですね。

イライラする原因は、ストレスかホルモンの乱れが考えられます。

更年期のイライラはホルモンバランスの乱れが考えられますので、イソフラボンが含まれる大豆食品を積極的に食べて栄養管理すること、睡眠や運動も取り入れ規則正しい生活を心掛けましょう。

冷え対策ですが、間違った対策をすると乾燥を誘引します。

例えば、冷えないように暖房を使い過ぎると乾燥を招きます。

暖房を全く使わないと寒くて病気を招いてしまうかもしれませんし、適度に使うことは必要だと思います。

しかし暖房を使う時間を短くしたり、設定温度を下げるなど工夫をしましょう。

足の乾燥ですが、保湿クリームを使う方が多いかもしれませんね。

うるおい成分が入っているものを使われている方が多いかもしれませんが、肌に刺激が少ない物を選びましょう。

靴下やタイツなどの素材も綿など肌に刺激を与えないものを選びましょう。

冷え対策として、半身浴やウォーキングなど身体の内側から温めることが大切です。

足湯も良いですね。

靴下の重ね履きはよくないそうなので控えましょう。

色々と対策を紹介しましたが、改善できそうでしょうか。

正直、難しいという方が多いと思います。

私も知人に私が調べた内容を伝えると「大変そう」と言っていました。

そこで「ルピエライン」というクリームを紹介します。

冷えや浮腫みに対応するクリームです。

もちろん保湿も期待できますよ。

植物中心の天然素材ばかりなので、刺激の問題も心配なく人工の着色料や界面活性剤などの添加物も入っていないので安心です。

このクリームを知人に紹介すると早速試してくれて、塗っている段階で、じんわり温まってくると言っていました。

ルピエラインを塗りながらマッサージをすると、心地よくてマッサージが面倒に思うどころか、むしろ心地よいのでもっとさわっていたいほどだそうですよ。

温感保湿レッグクリーム「ルピエライン」あなたも試してみませんか。

口コミでも人気ですよ。
ルピエラインの口コミ評価!足のむくみ・冷え・乾燥ケアは本当?

us