田七人参は中年の薄毛対策で育毛にも良い?

育毛剤などを使ったことがある方も多いと思います。

その時注目したのは、血行という言葉ではないでしょうか?

そう、薄毛の原因には血行不良が招くものも多いのです。

いくつかの薄毛の原因の説をご紹介いたします。

血液循環不良説 …髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

頭皮緊張説 …成長などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。

また、別の観点からストレスが薄毛の原因であるという説もあります。

ストレスが薄毛の原因であるということも比較的聞いたことがあると思います。

改めて、ストレスと薄毛の原因を詳しく見てみましょう。

ストレス説…ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れることがあります。

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」から成る、内臓を動かしたり汗をかいて体温を調整など、自分の意識によらず身体の機能をコントロールしてくれる神経です。

交感神経と副交感神経のバランスが崩、交感神経が優位になると血管を収縮する命令が強く出されてしまいます。

その結果血液は主に筋肉に流れ込むようになるため、内臓への栄養と酸素供給がおろそかになります。

このような状態が長く続くと、結果として身体は血行不良の状態陥ります。

また、ストレスを強く感じると体では亜鉛が大量に消費されます。そうすると、髪に必要な亜鉛が十分に供給されなくなるのです。

では、これらがもたらす薄毛に田七人参はどのように効果をもたらすのでしょうか。

田七人参には「サポニン」「フラボノイド」などヘアケアにも健康にも良い成分が入っています。

特に田七人参の主成分であるサポニンには血液中の中性脂肪やコレステロールを体外に排出する作用があります。

この作用が田七人参の一番の特徴である血液浄化・血流改善に寄与し、血行不良がもたらす薄毛に効果があるのです。

また、田七人参には副交換神経の働きを優位にする、抗ストレス作用が含まれています。

これにより、交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、また、亜鉛の消費が抑えられます。

そして、数ある田七人参の製品の中でもオススメしたいのが、「白井田七(しらいでんしち)」。

なぜなら、安全で無添加、そして驚異の田七人参の配合率98%を誇るからです。

特に、国外で収穫される田七人参だからこそ、その安全を全プロセスにおいて確保したのが白井田七です。

白井田七は農薬不使用・有機栽培を行っていることを公表しているので安心です。

当然のように聞こえますが実際のところ他社製品にはそのような表記ありません。

何しろ収穫まで3〜7年の歳月を費やす田七人参において、それは難しことだからです。

つまり「農薬不使用・有機栽培が明らかにいい、ということを知っていながらも実際には行っていない。」

と公言してしまっているようなものなのです。

また、加工を行う工場にもこだわっています。

・「製造工程での人為的な誤りの防止」「製品の汚染及び品質低下の防止」「個々の製品にかかる品質の均質化」などの項目を持つGMP認定

・「種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していない」などの項目を持つ有機JAS認定

これらの認定を持っている工場で加工を行っています。

なので安心して白井田七をお使いいただけると思います。

薄毛だけではありませんが、様々な力を持った田七人参を凝縮した白井田七。

ぜひ効果を体験してください!

u