えぞ式すーすー茶と白井田七茶の違いを比較してみてわかった選び方のポイント

鼻水がズルズルと流れてきて困ったという経験をされたことはありませんか。

季節の変り目で風邪をひきやすかったり、花粉の季節等、アレルギー性鼻炎でも鼻はズルズルしますし、風邪でも鼻がズルズルしますし、困りものですよね。

子どもがアレルギー性鼻炎持ちで、しかも風邪もひきやすいので年間通して鼻水ズルズルしています。

鼻水が喉に流れて咳も出てきたりしますし、鼻水って地味に厄介だと思いませんか。

薬はあまり使いたくないので、食事や生活習慣の見直しで、なんとか体質ケアをしたいなと思い取り組んでいますが、なかなか難しいです。

ある小児科医に体質を変えたかったら、それに気づいた年齢と同じ年月をかけないとならないと言われたことがあります。

例えば私の子どもの場合、5才の時に体質ケアを始めたいと思ったので、それから食事や生活習慣を見直して、体質が変わるのは5年後の10才くらいと言われました。

大人の場合は、それ以上に時間がかかるとも言われました。

なるべく私もできる範囲で取り組んでいますが、理想の食生活を完璧にこなすことはできません。

友達遊ぶ時にお菓子は食べますし、100パーセント無農薬のものばかり食べられませんし、時々外食だってしたいです。

寒い冬は暖房の力も借りますし、夏はクーラーがないと寝られません。

このように100パーセントこなせないと、やはり体質ケアには時間がかかってしまうのですね。

それでも少しでも免疫力を高めたいし、体質ケアをしたいと思い私は可能な範囲内で取り組んでいます。

もっと他にできることはないかと思っていたら「えぞ式すーすー茶」と「白井田七茶」が良さそうということを知りました。

そこで、この2つを早速調べてみましたよ。

まず、えぞ式すーすー茶です。

こちらは、クマザサ、赤ジソ、甜茶が入っていて、抗アレルギーの働きかけをしてくれる期待が持てます。

鼻づまりの解消に力を発揮してくれます。

鼻水、鼻づまり、花粉症ケア、イビキケアにも良いと評判です。
鼻水や鼻づまりが楽になって鼻がすーすー通る方法

続いて、白井田七茶です。

こちらは、サポニン、フラボノイド、カテキン、テアニン、ビタミンが入っています。

これらの成分が免疫力を高めてアレルギーに負けない身体作りをサポートしてくれます。

ですから鼻水対策になるのです。
「白井田七。茶」で鼻水、鼻づまりが解消する?口コミ評価は?
どちらも辛いに鼻水に良いわけですが、働きかけ方が異なりますし、入っている成分も異なるので、どちらも試してみて自分に良い方を知ることが始めると良いですね。

飲みやすさ等の好みもあると思うので、気になる方、良さそうと思う方から試してみるのも良いかもしれませんね。

⇩⇩えぞ式すーすー茶公式サイトはこちら!
えぞ式すーすー茶
『えぞ式 すーすー茶』

⇩⇩白井田七。茶公式サイトはこちら!
白井田七。茶
【白井田七。茶】

r