ガンも生活習慣病なの?予防になる食事や生活法

あなたはガンとはできてしまったら仕方がないものだと思っていませんか。

実は、ガンは生活習慣病と表現されることもあるほど実は生活習慣と大きく関係していることがあるのです。

人間の体内では毎日多くのがん細胞が作り出されては、免疫機能によって破壊されています。

この免疫を低下させることが生活習慣の悪化と大きく関係しているのです。

生活習慣が悪化すると免疫が低下し、本来増殖しないガン細胞を食い止めることができなくなってしまうのです。

—ガンと生活習慣—

ガン細胞は人の体内で1日の中でもかなりの量が生み出されています。
しかし、ほとんどの場合は体内の免疫機能であるキラーT細胞によって細胞ごと破壊されいわゆるガンと言われる悪影響を与える腫瘍に成長することはありません。
しかし、なんらかの条件がそろってしまったときにがん細胞が異常に増殖し、腫瘍となって進行を食い止められなくなってしまいます。
生活習慣が乱れていることで、本来持っている体の免疫機能が低下してしまうためがん細胞の増殖を食い止められなくなってしまいます。
もちろん、他の理由でガン細胞が異常に増えることもあります。
少なからず、生活習慣を正すことでこのことを原因として発症するガンを減らすことができるということは知っておきましょう。

—ガン予防に効果的な生活習慣—

基本中の基本ですが、食事、睡眠、運動です。
食事はバランスよく、栄養をしっかり考えて摂りましょう。
様々な食品で発がん性物質が検出されたなどの報告がありますが、これを気にしていてはまともな栄養が摂れなくなる可能性があります。
このことの方がよっぽどガンを発症させる可能性が高いのです。
免疫保持のためにはたんぱく質とビタミンは欠かせません。
睡眠に関しては、ストレスを溜めないためにも重要になってきます。
実は、ある国での研究では睡眠時間によってがんの発症率が変わるという研究結果も発表されています。
7時間以上8時間未満がベストとのことです。(諸説あります)
最後の運動は、体が本来持っている抵抗力を維持するためには常に活発的な状態にしておく必要があるためです。
新陳代謝向上など、運動を行うことで得られるメリットは数え切れません。

—まとめ—

ガンは生活習慣が原因で発症する可能性もあります。

少なからず、生活習慣が悪い人は良い人に比べ発症する可能性を上げてしまっている可能性があります。

実は当たり前のことを当たり前にするのが一番効果的だったりするのです。

◆ガンだけでなく。どんな病気も予防が一番大事ですね。

そこで自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測するといいと思いました。

マイコードなら、将来、自分がどんな病気になりやすいのか?どんな体質なのか?何に注意すれば未然に防げて長生きできるのか?
などが詳しくわかります。

口コミでも人気の遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)でいろんなことがわかって、注意したいことなども、個別に指導してくれるからです。
詳しくは→遺伝子検査MYCODE(マイコード)はどんな内容なの?

us