いびきの悩み!原因と解決するコツ

そもそも、いびきとは、、、、

いびきは、寝ている間に鼻や喉の狭い部分に空気がぶつかったり、振るえておこる異常な呼吸の音のことですね。

ガーガー、グーグーと響き渡ります。

いびきの原因はさまざまです。

1.のどちんこ(口蓋垂)が通常より長かったり太い。

2.鼻の中心にある壁の歪み

3.肥満

4.アルコール、薬物

5.骨格や年齢によるもの

6.女性の更年期によるもの

などいろいろあります。

ところで、いびきの種類も2種類あります。

・単純いびき

鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因の一時的ないびきです。

原因を取り除けばいびきは改善します。

・睡眠時無呼吸を伴ういびき

寝ている間中、常にいびきがあり、他人から指摘されるほど騒音。

ほったらかしておくと睡眠時無呼吸は悪化します。

そのうえいろんな病を合併したり交通事故を起こす危険性も出てきます。

たかがイビキですが、つまり命にも関係する可能性もあるわけです。

他では、女性の年齢とともに増えるいびきの悩みがあります。

若いころは、いびきなんてかかなかったのに、、

いびきをかくのは男性というイメージがありますが、実際のところはそうではありません。

とくに、40歳を超えて、年齢とともにいびきに悩む女性は増えています。

年齢とともに増える女性のいびきの原因には、女性ホルモンが影響しています。

女性ホルモンの減少がいびきの原因になると言われています。

女性ホルモンのおかげで女性は男性と比べていびきをかきにくいんです。

しかし、女性ホルモンの働きが年齢とともに低下するため、いびきをかきやすくなってしまう場合もあるんです。

通常女性ホルモンの分泌が多い若い女性は、この女性ホルモンが上気道開大筋と呼ばれる上気道の空間を支える筋肉の働きを活発に導いてくれます。

なので空気の通りがよくなるため、イビキをかきにくいと言われているんです。

閉経後の更年期時期になると、女性ホルモンの分泌が減るので、いびきの原因になりやすいんです。

イビキは、かきたくないですね。

女性ホルモンが増えて若返る生活習慣や食事を心がけたいですね。

・太ったり生活習慣で女性のいびきの原因に。

太ってくると、首回りに脂肪が付き上気道の通りが悪くなりやすいです。

また、睡眠中のいびきは自分では自覚しにくいのでほったらかしになりやすいです。

しかし、呼吸が止まってしまうほど症状がある方は注意ですよ。

熟睡できなくなると慢性的な疲れの元になります。

重大な疾患につながる恐れもありますので、家族に聞いたりしてイビキをかいていないのか、チェックしてみてください。

それに、いつも口で呼吸している人は、寝るときも口呼吸になっている可能性が高いです。

口呼吸は意外と多くの人がしているものです。

実は私も口呼吸なりがちなので注意していますよ。

自分ではしていないつもりでも、鼻呼吸と口呼吸の両方を行っていた場合もあります。

いつも鼻呼吸を意識するようにしたいですね。

◆いろいろ努力してるけど、なかなかいびきが改善しないと悩む時は、いぶきの実を飲んでみてください。
いぶきの実の口コミといびきや歯軋り解消効果は本当?
いびきや歯軋りを改善に導く!と口コミ評価も高く人気だからです。

いぶきの実は、ガーガーと騒音になるイビキに、空気の通り道をスムーズにしてくれるコエンザイムQ10を配合していているので、効果が高いと評判なのです。

公式サイト↓


ug