他人事ではない狭心症の原因と予防ポイント

日本人の死因第2位にランクする心疾患。

狭心症や心筋梗塞はもともと心臓の弱い人に発症すると思っている人も少なくないようですが、実は誰にでも突然襲ってくる可能性があるんです。

偏った食生活、運動不足、ストレス、疲労、喫煙、飲酒など、すべてが要因となりうる狭心症。

その狭心症を放置すると、冠動脈が詰まって心筋が壊死してしまう心筋梗塞へとつながっていきます。

狭心症は心臓や胸のあたりが数十秒から数分急に痛くなるという症状を指します。

これは、心臓に栄養を送る冠動脈の血流不足によって、心筋が酸素不足になることで生じる痛みです。

狭心症の痛みはすぐにおさまることが多いため、あまり気にせずに放置してしまい、結果として心筋梗塞になってしまうのです。

症状は、時として左肩やあご、みぞおちなども痛くなることがありますので、万が一そのようなことが合った場合は早めに病院を受診して下さいね。

そして、狭心症を招く冠動脈の血流不足の原因の多くは動脈硬化です。

動脈硬化は加齢なども関係してきますが、狭心症予防のためには血管年齢を若く保つように心がけることが重要です。

また、 悪玉コレステロール(LDL)高値や善玉コレステロール(HDL)低値、高血圧、高脂血症、糖尿病の自覚のある方は、医師の指導に従って改善の努力をしましょう。

この狭心症の予防として一番効果的なのは、やはり生活習慣の見直しです。

生活習慣を見直すことで恐ろしい狭心症を予防できるのですから、ぜひ実践してくださいね。

それでは見直しポイントをまとめておきます。

1:適度な運動(既に動脈硬化が見られる方は必ず医師に相談してからにしましょう)

2:禁煙・飲酒は適量(喫煙はどうしても心臓関連の病気を引き起こしてしまうもとになります)

3:栄養バランスのとれた腹八分目の食事

4:ストレス発散(ストレスは暴飲暴食の引き金になったりしますから、ぜひ上手に発散してください)

5:体重・体脂肪・血圧の自己管理

このように、ちょっとした生活改善で命に関わる心臓疾患を防ぐことができるんです。

そして、胸に痛みや違和感があった時は、後回しにせずにすぐに受診するということも大切ですよ。

ところで、狭心症でもどんな病気も予防が一番大事です。

将来、自分はどんな病気にかかりやすいのかなどが気になる方は、自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測すると安心です。

マイコードなら、病気のリスクや体質がわかるだけでなく、何に注意すれば未然に防げて長生きできるのかがわかります。

遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)で済み、さらに自分の注意すべきことが見えてきます。
遺伝子検査MYCODE(マイコード)はどんな内容なの?

個別に指導もしてくれますから、不安のない将来のためにマイコードはオススメです。
詳しくは→MYCODE

そして日頃から血液サラサラになる白井田七(しらいでんしち)を飲んでおけば、狭心症予防になって安心ですね。

us