メタボとは?出っ張ったおなかを戻すコツ

あなたもメタボリックシンドロームという言葉を聞いたことがあると思いますが、実際にどのような状況になるのかご存知でしょうか。

太っているとメタボ、メタボといいますがただ見た目が太っているだけではメタボとは言えないのです。

例えば、お相撲さんを見てメタボとは言えないように見た目は大きくてもメタボではないということもあります。

しかし、見た目で太っている場合メタボの可能性が高いのは事実です。

今回はそんなメタボリックシンドロームについてと、その出っ張ったおなかを戻すコツご紹介します。

—メタボリックシンドローム(メタボ)とはー

メタボリックシンドローム(以下メタボ)とは、体内の内臓脂肪が増加し様々な生活習慣病が重なっている状態を指します。

特に、メタボ状態の人は高血圧や糖尿病に加え脂質異常症などの生活習慣病を引き起こしている可能性が高く、これらが原因で脳梗塞や心筋梗塞などの可能性を高くしてしまうのです。

肥満状態にも二つのタイプがあり、一つが皮下脂肪型肥満で下半身の太ももやおしりなどに脂肪がついているような状態です。

もう一方が内臓脂肪型肥満で、内臓の周りに脂肪がついている状態でこの内臓周りには脂肪がつきやすいといわれています。

メタボで問題になっているのが内臓脂肪型肥満です。

—出っ張ったおなかを治すコツ—

出っ張ったおなかを治し、健康な状態にするにはまず内臓脂肪を減らすことが重要です。

内臓脂肪を減らす方法は

1.8時間以内ダイエット

最近話題になっている8時間ダイエットは、8時間以内に3食を収めるという方法で、内臓脂肪の減少に大きな効果が期待されています。

重要なのは、食べている8時間ではなく空腹の16時間です。

空腹の時間をしっかりと確保することによって、内臓周辺の脂肪から徐々に消費されてゆき特におなか周りをすっきりさせる効果があります。

2.運動

運動といっても、激しい運動をする必要はなく何より重要なのは継続することです。

日々少しずつでいいので日常生活の中に運動する時間を取り入れることで、より内臓脂肪の消費につながります。

このように内臓脂肪を消費していくことによって、おなかのでっぱりが解消されていくのでぜひとも挑戦してみてください。

—まとめー

メタボとは、ただの肥満状態を指すのではなく複数の生活習慣病を引き起こしている状態のことを指します。

おなかのでっぱりを解消するためには、まず内臓脂肪の消費から取り組むと効果的なのです。

◆メタボなお腹の出っ張りを改善のダイエットサプリメントを飲みたい方は、プロシア8(旧キュッとCUTTO)をどうぞ。

リンゴポリフェノールやオレアビータをメインで含んでいて、食物繊維も豊富でオリゴ糖、茶カテキン等の天然成分も配合のダイエットサプリメントなので、内臓脂肪の消費にも向いているからです。

95%の医師が効果を期待できるというお墨付きのサプリメントで、実際に痩せました!という口コミ評価も多いです。

女性だけでなく男性のメタボにも効果的ですよ。

運動も併用しながら、プロシア8を飲んでメタボから脱出のほっそりお腹を実現してください。

口コミもチェックしてみてください。
こちらが詳しいです。
プロシア8(エイト)の評価レビュー!口コミ効果で噂の内臓脂肪減少は本当?

⇩⇩お得なキャンペーン中のプロシア8公式サイトはこちら
プロシア8
プロシア8(エイト)でお腹スッキリでホッソリ!

us