中高年男性は内臓に脂肪がつくからおなかが出る?対策は?

中高年男性の多くの悩みが、おなかが出るような太った状態ではないでしょうか。

男性は特に、飲み会や付き合いで食べたり飲んだりする機会が多く、結果的に太りやすい環境にあるとも言えます。

そんなおなかのでっぱりの原因は内臓脂肪にあります。

実際には皮下脂肪もあるのですが、内臓脂肪を消費することで見た目のでっぱりを改善することも可能なのです。

そんな内臓脂肪についてと、その消費方法についてご紹介していきます。

—内臓脂肪とはー

内臓脂肪とは、体内の内臓周辺につく脂肪のことで、非常につきやすい脂肪といわれています。

内臓脂肪量が多くなると様々な生活習慣病の原因になり、大変危険な場合もあります。

見た目はそこまで太っていないという方でも、実は内臓脂肪はぎっしりついていて健康状態が悪いという方もおり、現代の生活習慣病の一つになっています。

そんな内臓脂肪は、一方で消費もしやすいといわれており、皮下脂肪に比べ運動や食事の管理などで効果が出やすい特性もあります。

—内臓脂肪を消費する方法—

危険な生活習慣病を引き起こす可能性をも秘めた内臓脂肪を、内臓脂肪ダイエット法で改善していきましょう。

1.8時間以内ダイエット

近年話題を集めてきた8時間以内ダイエットは、一日の食事を8時間以内に収めるといういたってシンプルな方法。

このダイエットで重要なのは、食べている8時間よりも空腹の16時間なのです。

人間の体は空腹時間を持つことで、効率よく脂肪を燃焼特に内臓脂肪を積極的に燃焼してくれるのです。

ルールはすべての食事は8時間以内に収め、そのほかの時間は水のみで何も食べないというものです。

2.軽く長い運動

運動をするのは脂肪の消費に効果的なのご存知かと思いますが、重要なのが軽くて長い運動をすることです。
つまり、30分走ってくるのではなく1時間ウォーキングするのです。
軽い刺激を長い時間与え続けることで、内臓脂肪はもちろん皮下脂肪の消費にもつながるので日常生活のルーティーンに取り入れると効果的です。

—まとめ—

おなかが出る悩みは、内臓脂肪の消費で改善できる可能性があります。

内臓脂肪は生活習慣病など、様々な病気のリスクを高めてしまうのでできるだけなくすように意識しましょう。

最近では、内臓脂肪を測定できる体重計も販売されています。

内臓脂肪の消費には8時間以内ダイエットが効果的で、8時間以内なら何を食べても良いのでストレスもなく始めやすいダイエット法です。

◆内臓脂肪だけでなく、生活習慣病も心配と悩むあなたは、白井田七(しらいでんしち)を飲んでみてください。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いです。

例えば、糖尿病・更年期障害・貧血・痛風・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方に特に効果!と人気ですよ。

u