オメガ3オイルが認知症予防に効果の噂は本当?他には何に効果?

オメガ3オイルについてご存知でしょうか。

オメガ3オイルとはえごま油や青魚に含まれる油のことで、現代の多くの人が摂取しているオメガ6オイルであるサラダ油や、ごま油とは別のものです。

食生活が変化し、多くの人が摂取する油の割合がオメガ6オイルになっておりここにきて、オメガ3オイルにも注目が集まっています。

オメガ3オイルには様々な効果が期待されており、その中でも認知症にも効果があるといわれています。

今回はそんなオメガ3オイルについてご紹介していきます。

—オメガ3オイルの効果とは—

オメガ3オイルとは先ほども書いたように、えごま油や青魚に含まれる油で様々な効果が期待できるとして注目されています。

一方で、現代の人たちが多く摂取しているのがオメガ6オイル、サラダ油やごま油などです。

オメガ3オイルの主な効果は
血栓予防、血中脂肪減少、血圧を下げる、がん予防、アレルギー緩和、認知症予防、記憶力向上、ストレス緩和、精神安定などです。

この中でも注目されているのが、認知症への予防効果で様々な実験で徐々にオメガ3オイルの認知症予防効果が確認されつつあります。

現代の人はオメガ6を摂取しすぎている傾向にあり、なかなかオメガ3を摂取できていません。

これらをバランスよく摂取することが体に良い効果をもたらします。

—オメガ3オイルとオメガ6オイルのバランス—

オメガ3オイルを含んでいるものとして、えごま油、青魚、ココナッツオイル、などが挙げられます。

一方でオメガ6オイルを含んでいるものは、サラダ油、ごま油、べにばな油、コーン油、マヨネーズなどです。

これらのバランスは
オメガ6対オメガ3が4対1の割合で摂取されるのが理想的なバランスといわれています。

そのため、日常生活の中でオメガ6を摂取している場面で少しづつオメガ3を含む食品に置き換えてみることで、バランスを維持することができます。

現代の人の割合はオメガ6対オメガ3が10対1ほどになっているとも言われています。

両方のバランスを考えて摂取することで、体にとってより有効な成分をバランスよく取り入れることができるのです。

—まとめ—

オメガ3オイルには様々な効果が期待されており、積極的に摂取することが望まれています。

しかし、現代の人の食生活ではほとんどがオメガ6系の油が中心になってしまっています。

日常の中で、積極的にオメガ3オイルを取り入れるようにしてみましょう。

◆そうは言っても、なかなかオメガ3オイルを取り入れるのが難しい時は、RITANプレミアムオイルを飲むといいです。

亜麻仁油とペルー原産のサチャインチオイルという高品質のオメガ3オイルをW配合しているからです。
RITANプレミアムオイル(オメガ3)の購入!通販で安くお得に買う方法
それに分包タイプなので酸化の心配がありません。

100%非加熱製法なので活きた成分です。

完全植物性でなので体内に高浸透なのもRITANプレミアムオイルが口コミでも人気がある理由です。

公式サイト↓
オメガ3 RITAN

uG