生活習慣病の種類と予防や改善対策

あなたも一度は聞いたことがある生活習慣病とは、現代の日本でも大きな問題となる病気で様々な症状を引き起こします。

食生活の乱れや運動不足、生活リズムの乱れから来る生活習慣病は多くの病のリスクを挙げてしまうので徹底した予防を心がけることが大切です。

あなたにとっては普通の生活習慣でも、実は体に大きな負担をかけていることも少なくありません。

今回は生活習慣病について種類や予防法・改善法をご紹介していきます。

ー生活習慣病とはー

生活習慣病とは、主に日常の生活の乱れによって引き起こされる病気で食生活、運動不足、睡眠不足など様々な要因があります。

食生活が乱れることで肥満になり、そこから糖尿病を発症する可能性があります。

糖尿病になると、様々な合併症リスクが高くなるという恐ろしい状況になってしまいます。

また、動脈硬化や心筋梗塞などの病になる可能性も生活習慣病の中にはあり、運動不足、食生活の乱れが原因とされています。

現代の日本ではストレス社会であり、食文化も欧米化するなど生活習慣の乱れが深刻な問題となっています。

あなたにとって普通の生活習慣でも、実は体に大きな負担をかけているという状況が多くあり、結果的に生活習慣病になってしまう可能性が高くなるのです。

この他にも、内臓脂肪の増加により内臓に負担をかけ臓器が弱ってしまう状態になったり、アルコールの摂りすぎで肝臓が弱ったりするのもこの一部です。

そんな生活習慣病は日常の生活をしっかりと整えることで予防・改善できるのです。

ー生活習慣病の予防・改善法ー

自分の生活習慣をもう一度見直して、生活習慣病と無縁の生活を目指しましょう。

1.食事はバランスよく、野菜、肉、魚、乳製品などをしっかりと摂取しましょう。

また、量は腹8分目を意識し空腹の時間もしっかりと確保することで胃や腸への負担を軽減できます。

人間は雑食で、様々な食べ物から様々な栄養素を摂取するため、普段からいろいろな種類の食べ物を食べる必要があるのです。

2.適度な運動をするようにしましょう。

運動をすることによって、人間の体の本来の働きを取り戻すことができ、丈夫で健康な体を維持することができます。

摂取したエネルギーを運動をすることでしっかりと消費し、動物本来の活動を行わなければ病気になるリスクが高くなってしまいます。

3.睡眠はしっかりととりましょう。

仕事などで夜遅くまで起きていたりと、日本人は特に睡眠時間が不足しているといわれていますが、睡眠時間をしっかりと確保しておかなければ体の疲れを回復することができません。

睡眠は身体の休息はもちろんのこと、脳などの精神の休息にも必要なため必ずしっかりと確保するようにしなければ、精神的にも病にかかる可能性が出てきます。

ーまとめー

日本人に多い生活習慣病は、日本の社会ではなって当然といえるほどほとんどの人の生活習慣が乱れています。

あなたが、少しでも不安に思ったらできるだけ改善することで生活習慣病のリスクを減らすことができます。

頑張りすぎず、しっかりと休息をとり体に必要なものはきちんと摂取することが重要です。

また、本来必要な量以上の食事などは逆に生活習慣の乱れになるので、腹8分目間食無しの生活を目指すとよいでしょう。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか思うようにならないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いです。

例えば、糖尿病・更年期障害・貧血・痛風・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方に特に効果!と人気ですよ。

u