白井田七が田七人参サプリの中でも口コミ評価が高く人気なのはなぜ?

田七人参は、かの有名な高麗人参に含まれるサポニンという成分を約7倍も持つという注目のスーパーフードです。

サポニンとは、糖をしっかりとエネルギーにすることができる、現代において非常に重要な成分なのです。

しかし安全と信頼が当然となっている日本において、国産以外の野菜に対する安全面での不安は非常に大きいと思います。

そこで今回は白井田七が人気の理由を安全面から見てみたいと思います。

‐農薬不使用・有機栽培‐

国産以外の食品を口にするとき、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

その主な原因は「農薬」の種類、量がどのくらい使われているか、つまり日本の基準をみたいしているかなどだと思います。

身近な例でいうとニンニクがあります。

国産と中国産のニンニクの値段は驚くほど違うと思います。

しかし、実際に購入するのは国産のニンニクではないでしょうか。

なぜなら、特にニンニクのような葉茎菜類や田七人参のような根菜類は、その農薬の蓄積率が高くなりやすいからです。

つまり、このような国産以外の葉茎菜類や根菜類を購入するときは「無農薬、有機栽培」がマストであるといえます。

その点、白井田七は農薬不使用・有機栽培を行っていることを公表しているので安心です。

しかし他社にはそのような表記がありません。

つまり他社は「農薬不使用・有機栽培が明らかにいい、ということを知っていながらも実際には行っていない。」

と公言してしまっているようなものなのです。

さらには素材が安全なだけでは、まだ口に入るまでの間の工程での安全が確保されていないと意味がありません。

つまり、加工を行う工場自体が安全であるべきなのです。

昨今、国外での食品工場での事件を耳にすることは少なくないと思います。

「使用期限切れの材料を使っていた」、「落とした材料をそのまま使用していた」など。

そこで、白井田七では工場までこだわって製品づくりを行いました。

具体的には、さまざまな認可を工場が持っています。

・GMP認定

「製造工程での人為的な誤りの防止」「製品の汚染及び品質低下の防止」「個々の製品にかかる品質の均質化」

・有機JAS認定

「種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していない」「栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと」「・・・

これらのように、生産から工場まで、安全にうるさい日本人を満足させる品質を確保しているのです。

健康を意識し健康食品やサプリメントを摂取する方は、する人はそうでない人に比べその食品の安全に目を光らせています。

だからこそ、そこにこだわった白井田七を新たな”安全の基準”として、田七人参製品はいかがでしょうか。

u