糖尿病だと高血圧にもなりやすいの?改善するための食事の注意点

あなたは糖尿病と高血圧に悩まされていませんか?

実は糖尿病患者が高血圧になる可能性は、健康な人の2倍以上と言われており、高い確率で糖尿病と高血圧を併発します。

その原因は様々ですが、1番大きく影響していると思われているのが生活習慣です。

もともと糖尿病になりやすい生活習慣を送っている方は、高血圧にもなりやすい食生活を送っているため、高い確率で併発してしまいます。

しかし、私たちが想像する以上に糖尿病と高血圧を併発すると合併症リスクが高まってしまい大変危険です。

そこで今日は改善していくための食事の注意点についてご紹介していきたいと思います。

まず、糖尿病と高血圧を併発している人の多くが肥満です。

日ごろから脂質・糖質・塩分を過剰摂取している傾向があり、バランスよく食生活を送っているケースは少ないと考えられます。

アルコールや甘いものを摂取は控えるようにし、極力野菜を中心とした質素な食生活を目指してください。

肉より魚。
魚より野菜。

このような食生活を心がけることで、糖尿病と高血圧の併発を防ぐことが可能です。

さらに、日々の生活にプラスしてオススメしたいのが、サポニンが豊富に含まれている田七人参を主原料に開発されているサプリメント白井田七(しらいでんしち)です。

めぐり成分であるサポニンをどの食品よりも多く含んでいる田七人参は、原産地である中国ではお金に換えられない価値があるとして非常に貴重な植物となっています。

健康維持のためにぜひ今日からあなたも白井田七でお金で買えない健康を手に入れてみませんか。

u