痛風とは?予防や対策はある?

痛風は昔贅沢病と言われていました。、

痛風は男性に多い病気です。

しかし、女性の場合、閉経後に血清尿酸値の上昇や痛風発作が増加します。

理由としては、女性ホルモン(エストロゲン)には尿酸排出を促進する作用があると言われているためです。

痛風の原因は高尿酸血症です。

尿酸はもともと、血液に溶けにくい性質を持っています。

ですから、血液中の尿酸濃度がちょっと高くなるだけで、尿酸は析出してしまうんです。

もっとも析出しやすい場所は足の親指の関節です。

ここに尿酸が析出すると白血球が集まってきて激しい炎症が起こります。

それが激痛になるのです。

これが痛風の発作です。

ちなみに、高尿酸血症は血清尿酸濃度7,0ミリグラムですが、痛風での治療目標は6,0ミリグラム以下です。

尿酸はプリン体の代謝産物です。

私たちがプリン体を接種すると、体内でキサンチンを経て尿酸へと代謝されるのです。

プリン体というのは、核酸(DNAやRNA)のうちで、アデニン(A)とグアニン(G)を持つもののことをいいます。

ですから、高尿酸血症を予防するためにはプリン体の接種を減らせばいいのです。

プリン体が多く含まれているのは魚卵やコーンビーフ、イカ、タコなどがあげられます。

かずのこのプリン体含有量は意外と低いのが特徴です。

20代の男性が毎日、毎食、タラコパスタを食べ続け、痛風になったという例もあります。

痛風(高尿酸血症)の原因となる生活習慣としてあげられるのは、プリン体の過剰摂取、アルコールの多飲、無酸素運動などです。

ちなみに、尿酸の析出を予防するために、水分をしっかりとっておくことも大切です。

血液中(足の親指の関節)で尿酸が析出すると痛風となります。

尿中で尿酸が析出すると尿路結石となります。

やはりすごく痛いのです。

これを防ぐためには、尿の酸性化を避け、アルカリ化する必要があります。

なぜかというと、尿酸は酸よりアルカリに溶けやすいためです。

痛風は遺伝によるものもあります。

痛風の薬剤による治療としては、尿酸の産出を抑える方法。

そして、もう一つが、尿酸の排出を促す方法があります。

尿酸の産出を抑える薬としては、アロプリノールやフェブキソスタットがあります。

尿酸の排出を促す薬としては、プロべネシドが知られています。

一方で、痛風で激痛が起こってしまっときは、上記のような薬剤では痛みはなくなりません。

痛風が起こってしまっときは、非ステロイド剤系抗炎症薬やコルヒチンがもっともよいでしょう。

また、精神的ストレスは、痛風発作のリスクといわれています。

痛風発作は1週間以内に収まります。

中間期は無症状です。

痛風の予防としては、プリン体含有量の多い食品(たらこ、魚卵やコーンビーフ、イカ、タコ、ビールなど)やアルコール飲料を控え、過食過飲を避け、バランスのとれた食事を心掛けることです。

また、ストレスをためないようにしましょう。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか痛風が予防できず高尿酸血症かもと不安になるときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして痛風など生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いからです。

痛風だけでなく、糖尿病・更年期障害・貧血・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方に特に効果!と人気なのです。

白井田七をチェックしてみてくださいね。

u