中年の不眠症の原因は?予防と熟睡のコツ

中年になって気になり始める不眠症の悩みは、日本人で特に多くの方が悩まされています。

女性よりも男性の方が睡眠の悩みが多いですが、近年働く女性が増えるとともに女性でも睡眠の悩みを抱える方が増えてきました。

あなたがもし不眠症で悩んでいるのでしたら、日中の生活習慣や睡眠の質に問題がある可能性があります。

今回は、そんな中年と睡眠との関係をご紹介して不眠症の解決法をご紹介していきます。

—不眠症の原因—

不眠症になる原因の一番は自律神経の乱れによるものです。

特に、仕事を夜遅くまでされる方や仕事疲れを癒すためということで夜になって映画を遅くまで見たり、お酒を飲んだりする方に見られます。

アルコールには覚醒作用がありますので、睡眠の質を低下させるばかりか不眠症にもなりかねません。

さらには、夜遅くまでの仕事やテレビの鑑賞などは交感神経を優位にしてしまい、睡眠への導入が鈍くなってしまいます。

この他にも、日中に活動を行わない状態、特にデスクワークなどでずっと座りっぱなしの方などは、睡眠に入りにくい傾向にあります。

—不眠症の予防・改善—

不眠症の改善はもちろん、深い睡眠に入ることで一日をより有意義に過ごすことができます。

ポイント!
できれば3時間前最低でも1時間前からリラックスタイム

できれば3時間前からテレビを見ない、食事やアルコールを控え家族と話をしたり、読書をしたりと脳に強い刺激を与えないような環境を作ることが効果的です。

しかし、実際にそのような余裕はないという方には最低でも1時間前には上記のようなリラックスタイムに入りましょう。

特に電子機器のスマホやパソコンなどには触れないようにすることで、脳を休ませる状態に近づけることができ、スムーズな睡眠や睡眠の質向上につながります。

ポイント2!
日中は活動的に

日中に体を動かすことで、身体の疲れがたまり夜寝やすくなります。

体をある程度疲れさせなければ、中途半端な状態でなかなか寝られず、結果的に翌日に疲れが繰り越されてしまうという状況になりかねません。

職場まで歩くなど、簡単な運動でいいので日中動くようにしましょう。

—まとめー

日本人の多くの方が睡眠の悩みを持っています。

特に、日本人は仕事に没頭するタイプなので夜残業が多かったり、精神を疲れさせやすくしてしまいます。

そんな日本人にとって睡眠は重要なものであり、しっかりと摂る必要があるのです。

不眠に悩む方はぜひ、ご紹介した方法を試してみてくださいね。

◆いろいろ工夫しても、満足な睡眠ではない時は、こころの青汁とも呼ばれる口コミで人気のマインドガードDXを飲んでみてください。

休息ハーブのノニやクワンソウなどが豊富で無添加ですから、中年でも、子供、お年寄り、妊娠中や授乳中でも安心して飲める休息ドリンクです。
こころの青汁を通販でお得に購入する方法

お肌も潤って元気になる成分も含むのもマインドガードDXの評価が高い秘密といえます。
公式サイト↓
マインドガード

u