中年になって下痢がひどい!食事と生活習慣の注意で改善する?

暑い季節になり、ついダラダラとした生活を送ってしまってはいませんか?

生活が乱れると、体調や身体に変化が現れてしまいます。

そのなかでも下痢に悩まされてる方も多いと思います。

大人になってからの慢性的な下痢、なかなか辛いですよね。

病院にかかるほどでもないし…と悩んでいる方のためにも、大人の慢性下痢についての情報を集めてみました。

中年になってからの下痢、理由は?

考えられる理由は様々ありますが、大きく分けて感染性のものか、そうでないものかに分けることができます。

感染性と聞くとかまえてしまいがちですが、原因をしっかり病院で調べてもらい適切な治療をうけることができます。

下痢の症状が出る感染病は、風邪や食中毒、各部分の細菌性の炎症、コレラや赤痢などの病気などが考えられます。

下痢の他に体調不良が現れるため、どちらにせよ病院にかかることになり原因がわかることがほとんどだと思われます。

では、感染性ではない場合の下痢とはどのようなものがあるのでしょう。

食事や生活習慣に問題あり?!

病気でなければ、理由は簡単です。

普段の生活に問題があると言えます。

主に食べ過ぎや飲み過ぎ、体の冷え、ストレス、栄養不足、アレルギーがあてはまるでしょう。

食べ過ぎや飲み過ぎ、アレルギーに関しては直後に下痢になるため、心当たりが生まれて改善に務めやすいですよね。

身体の冷えとストレスに関しては、原因となった環境を取り除くことで改善につながります。

ここで大事なのは栄養に関してです。

食事で下痢を改善!

しっかりと栄養をとり、下痢を改善す流ためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まず意識してほしいのは、刺激物や塩分の高いもの、脂質は避けてほしいということです。

下痢を悪化させる食べ物を食べてしまっては意味がありません。

ひどい下痢で衰弱してしまっているときは、無理に食事を取らず食べやすいものや水分をメインに摂取してくださいね。

また、水分やミネラルは自分が思っている以上に摂取する必要があります。

なぜなら、下痢によって体内の水分が奪われ、脱水症状に近い状態になっている可能性があるからです。

ですので、飲み物を多くとり、食事の際もスープなどでしっかり水分補給しましょう。

そして、積極的に摂るべき栄養素はタンパク質です。

タンパク質は大豆製品、卵、鶏肉などに多く含まれています。

タンパク質を摂取することで下痢からの早い回復が望まれます。

また、白身魚や煮魚、バナナやリンゴなども下痢に効く食材だと言われています。

回復する前はおかゆやおじや、やわらかいうどんなどの流動食をとり、食べられるようになってからこれらの食材を摂るといいでしょう。

中年の慢性下痢は、病気でなければ食事や生活習慣から改善できますので、その他の体調不良がない場合は是非試してみてくださいね!

◆いろいろ注意しても、下痢が慢性化しているしおなかもいたいと悩む時は、黒梅日和(くろうめびより)を飲むといいです。

自然素材100%の下痢体質改善サプリで、下痢だけでなく腸内改善して腹痛の軽減や便秘改善にも役立つ!と口コミ評価も高いからです。
黒梅日和(くろうめびより)の口コミ!下痢対策サプリって本当?

過敏性腸症候群に悩んでいた人も、黒梅日和でお腹が楽になったという話も多いです。

黒梅日和で下痢体質の根本的な改善にもつながるのがメリットです。

公式サイト↓
黒梅日和

us