中年が臭くなりやすい理由は?加齢臭対策のコツ

「電車で乗り合わせたサラリーマンから、耐えられないような悪臭がする」「初めて一緒に仕事をした方から饐えた臭いが漂ってくる」といった経験は、都市生活者にとってはよくあることではないかと思います。

恋人や家族からこのような臭いを感じて、ストレスに感じている方も多いのではないでしょうか。

いつの間にか巷を騒がせるようになった、この「加齢臭」と呼ばれる類の体臭は、中年期から発生し始めると言われています。

今回はそんな加齢臭の原因と、対策についてご紹介していきます。

加齢臭という言葉が浸透するきっかけは、2000年代に「ノネナール」という物質が発見され、これが中年期とくに男性の身体から発生する「チーズのような」「古本のような」「蝋燭のような」臭いの原因となることがわかったことに始まります。

ノネナールという物質は、身体から発生する皮脂の中にある特定の「脂肪酸」と、同じく体内で生成される活性酸素が脂質と反応することで発生する「過酸化脂質」とが結合することで発生することがわかっています。

若い方の身体からこのノネナールは、ほとんど検出されません。

その理由はいまだに明らかにされてはいませんが、活性酸素の分泌の抑制や、活性酸素の過剰な働きを緩和する物質が加齢とともに少なくなっていくためではないかと考えられています。

聞きなれない言葉が飛び交ってしまいましたが、まずはこの活性酸素についてお話ししていきます。

活性酸素は体内で生成される物質で、私たちの身体をバイ菌やその他さまざまな汚れから守ってくれる働きを担っています。

ただこの活性酸素、諸刃の剣でもあるのです。

活性酸素はその強力な酸化作用のおかげで、生み出した私たちの身体すら蝕んでしまうような、正確に表現するならば酸化(錆びさせる)させてしまう物質なのです。

さらに、この活性酸素が上記の結びつきを経て発生する過酸化脂質ともなるともっと厄介で、ガン細胞発生の原因の一つともいわれています。

活性酸素と脂質の結びつきが加齢臭だけでなく身体にさまざまな悪影響を及ぼすことについてはご理解いただけたかと思います。

続いて、加齢臭対策についてお話していきます。

これまでの話を踏まえると、脂質を取り除く、もしくは活性酸素の分泌量を減らせばいいのではないかという予想が立てられるかと思います。

四六時中脂質を、つまり身体の皮脂をまんべんなく完膚なきまでに取り除くということはあまり現実的ではないので、活性酸素の分泌量を減らす、もしくは緩和させることに注力していきましょう。

活性酸素は紫外線を浴びることや、喫煙、飲酒によるアルコールの分解、ストレスによって大量に発生します。

上記のうち習慣化しているものをすぐさま断って、ストレスのない生活をこころがける・・・なんてことができれば苦労はないのですが、社会人として生活する以上、難しい場面も多々あります。

そこで、活性酸素の働きを緩和させるために、ビタミンCやEを多く摂取するようにすることをお勧めします。

ビタミンCは、それ自体に抗酸化作用があるために、必要以上に分泌されてしまった活性酸素を無害化する働きをもっています。

ビタミンCはしかし、喫煙や風邪をひくだけで大量に失われてしまいます、また2~3時間しか体内にとどまらず、すぐに尿として排出されてしまうため、サプリメントなどを駆使して細かく摂取することが肝要となります。

ビタミンCは、ビタミンEを一緒に取ることで、相乗効果が期待できると言われています。

また、激しくはない、ウォーキングなどの軽い運動も効果があります。

毎日、少しだけの時間でかまいません、身体を軽く動かすことを習慣にしましょう。

その場凌ぎとして即効性のあるものに、ミョウバンがあります。

薬局で尋ねると店の奥のほうから持ってきてもらえたりするようなものですが、これを水に溶かして身体に塗るだけでも、消臭作用が期待できます。

長期的には必ず治したい加齢臭ですが、目の前の予定を自信をもってこなすためにも、さまざまな対策を併用していくことが重要だと考えます。

◆それでもなかなか加齢臭が消えないときは、口コミでも人気の楽臭生活(らくしゅうせいかつ)を飲んでみてください。

強力消臭のシャンピニオンエキスなどが、爽やかな息に導いてくれます。
楽臭生活は、授乳中や妊娠中にも飲める?

楽臭生活は、口臭だけでなく、脇の臭いや足の臭い・便臭・加齢臭など体臭ケアにぴったりと評判です。

臭いが気になったら、使ってみてください。
公式サイト↓


u