中年!脳梗塞や脳出血の危険性は?生活習慣で予防と対策

比較的中年と呼ばれている若い世代でも発生している脳梗塞や脳出血。

芸能界でも西城秀樹さんや磯野貴理子さん。

そして長嶋茂雄さんが有名ですね。

重症な後遺症を残している方もいれば、まるで何もなかったかのように復帰されている方もおり、重症度でその後の生活は大きく変化するようです。

そもそも脳梗塞や脳出血とは一体どのような病気なのでしょうか。

まず脳梗塞ですが、脳の血管の一部が詰まりを起こして血液が巡らない状態を指します。
脳組織が酸素、または栄養の不足のために壊死してしまい、その後治療を経ても一度壊死してしまった部位が元に戻る事はありません。

一方脳出血とは、脳内の結果が損傷を起こし出血した状態を表しています。

脳出血が起こると意識障害や運動麻痺が起こり、脳ヘルニアが起こると命を落とす可能性も高い疾患です。

脳梗塞も脳出血も大きな原因は高血圧や動脈硬化などの生活習慣病です。

日々の欧米化された食生活や、慢性的な運動不足などが原因で引き起こされる事も多く、明らかに患者数が増加していることがわかります。

予防策としては食生活の見直しと生活習慣を改めるのが大切です。

野菜中心の健康的な食生活や、毎日日常的な運動を取り入れることにより、高血圧や動脈硬化が予防されるため、脳梗塞や脳出血のリスクは低くなります。

また血の巡りを良くすることも大切だと言われており、サポニンを多く含んだ食材が注目されています。

しかしサポニンを多く含んだ食材ばかり食べるわけにはいかないため、最近では白井田七サプリメントが口コミで高い人気を集めています。

白井田七(しらいでんしち)には、他のサプリメントにはない豊富なサポニンが含まれているため、体内の巡りを向上させたい方にオススメですよ。

u