中年でも筋トレすれば、でっぷりおなかも引き締まる?

最近おなかが出てきたなぁと感じる中年の方々が、筋トレを始めることがあると思います。

筋トレをすることで、おなかも引き締まりかっこいいボディを手に入れられると期待して始める中、果たして中年になっても効果があるのか不安な方もいらっしゃいます。

実際、中年でも筋トレの効果は十分に期待できますが、問題はその方法です。

若い人に比べ、ただ単に腹筋をしたりするだけでは効果が薄いのです。

今回は、そんな中年の悩みでっぷりおなかについてと、中年の方でも効果的なおなかの引き締め筋トレ法をお教えします。

—でっぷりおなかの原因—

中年の方の悩み、肥満気味の出っ張ったおなかの原因は内臓脂肪と皮下脂肪のコラボレーションによって生み出されています。

内臓脂肪の増加に加え、なかなか消費しにくい皮下脂肪がついてしまうとただ単に食事制限をするだけでは効果が見込めないのが現実です。

でっぷりしたおなかを改善するのに有効なのは、まず内臓脂肪を消費することです。

内臓脂肪を減らすことにより、より皮下脂肪が消費しやすくなるのです。

また、内臓脂肪は様々な生活習慣病の原因となるため、ただ太っている体形をきにするよりももっと重要な問題を秘めているのです。

—でっぷりおなかも引き締まる筋トレ法—

でっぷりした脂肪の原因は内臓脂肪と皮下脂肪です。
これら両方にアタックする筋トレダイエット法を実践しましょう。

1.まずは内臓脂肪を消費

筋トレをする前に、より効果を挙げるため内臓脂肪を減らしておきましょう。

内臓脂肪を減らした状態で筋トレを行うと皮下脂肪の消費につながり、よりでっぷりの解消につながります。

そこで、お勧めするのが8時間以内に食事を収める8時間以内ダイエット。

一日の食事を8時間以内に収めるシンプルなもので、そのほかの時間は水以外食べたり飲んだりしてはいけません。(お茶も可)

2.スロー筋トレ

いよいよ、筋トレですがここで一番お勧めするのがこのスロー筋トレです。

こちらもやり方はいたってシンプル。

普通の腹筋やスクワットなどを普通に行ってください。

しかし、ここで腹筋を一回するのにいつも2秒の方は20秒かけてやってください。

つまり、筋肉に力を入れている時間を長くする、たったこれだけで中年の方でも効果が倍増することが期待されるのです。

◆筋トレしても効果が今一歩で、おなかはぷよぷよ、でっぷりと悩むあなたは、高品質で筋力アップしやすい!と口コミ評価も高いDCH(ディープチェンジHMB)を飲んでみてください。

プロティンより低カロリーなので減量中でも筋肉量もアップするので助かる!と人気です。

効率的に筋トレしてキレイな筋肉をつけて引き締まったおなかになりたい人は、DCH(ディープチェンジHMB)が効果的です。

—まとめ—

中年になると脂肪を消費しにくい体質に変わりますが、内臓脂肪を消費しそのあとにスロー筋トレを行うことで、でっぷりを解消することが可能です。

また、スロー筋トレは細マッチョへもつながるので、ぜひ継続的に続けてみてくださいね。

DCH(ディープチェンジHMB)は、男女ともに筋トレのお供にぴったりです。

男性だけでなく女子にも人気がありますよ。
DCH(ディープチェンジHMB)の口コミ評価レビュー!他のhmbサプリと何が違う?

us