中年!痛風の危険性は?生活習慣で予防できる?

風が吹いても痛いと言われている痛風。

痛風は、女性よりも男性に多いと言われている疾患です。

発症すると激しい関節の痛みに襲われて、歩くのも困難になる場合があります。
また腎臓を悪くするとも言われているため、軽く見るのは大変危険です。

痛風は中年以降に多い疾患だと言われていますが、主な原因は食生活や生活習慣、そしてストレスなどが当てはまります。

特に多く言われているのがビールなどに含まれているプリン体です。

プリン体は代謝されると尿酸に変化していきます。

血液中の尿酸濃度が高くなると痛風を発症する可能性が高くなると言われています。

また、プリン体はビールだけでなく食品にも含まれているため、偏った食生活は大変危険です。

肉や油分等の多い食事を避け、野菜中心の食生活を心がけることで尿酸値を調整することができます。

痛風は前触れがなく突然発症します。

そのため発症する前に、未然に予防していくのがとても大切だと言われています。

こまめな血液検査による尿酸値のチェックはもちろん、食事制限や生活習慣の見直しを行いながら、体を健康に保つのに効果的な成分を積極的に取り入れましょう。

私が尿酸値が高めの方にお勧めしているのが、白井田七サプリメントです。

白井田七は、お金に変えられないほどの価値があると言われている田七人参を配合して作られたサプリメントになっており、体に効果的な成分がたくさん配合されています。

日々の生活習慣の見直しとそのサポートに、是非白井田七サプリメントを取り入れてみてください。

u