中年の痛風はビールの飲みすぎが原因?対策は?

季節はもうあっという間に夏本番。
蒸し暑い日が続いていますね。

気温が高くなると美味しくなるのがビールです。

仕事から帰ってきてキンキンに冷えたビールを飲み干すのが至福のひとときと言うお父さんも多いのではないでしょうか。

しかし、そのお父さんが大好きなビールには実は大きな危険が潜んでいることをご存知ですか?

最近では生活習慣病として若い世代にも急増している痛風。

痛風は足などの関節が赤く炎症を起こしたり、今まで経験したことのないような激痛を引き起こす恐ろしい病気です。

痛風を引き起こす大きな原因は、体内に尿酸が蓄積することです。

この尿酸を蓄積させる大きな原因となっているのが、ビールに含まれているプリン体なのです。

プリン体はビールだけでなく、肉類などにも多く含まれていますが、欧米化した食生活と飲酒を併用することにより、大量のプリン体を体内に摂取してしまうため、痛風を引き起こす確率は大幅にアップしてしまいます。

「わかっちゃいるけどやめられない」

今日はこんなお父さんのためにぜひ取り入れて欲しいサポート栄養補助食品「PN−0」をご紹介したいと思います。

PN−0は、過剰に増えたプリン体を排泄する働きが実証されている最高のアンセリンを配合しています。

実際に購入した方の満足度は98%と言う驚異的な数字を表しており、尿酸値が気になるすべての方にとてもオススメな商品です。
PN-0(ピーエヌゼロ)の口コミ!痛風改善効果は本当?
ビールが美味しくなるこれからの時期のお供にも、ぜひPN−0を取り入れてみてくださいね。
公式サイト↓


u