中年の鬱症状の原因は?予防と対策のコツ

中年になると自分でも何を考えているのかわからなくなったり、何をしたらいいのかわからなくなったり、どんなことに対してもやる気が起こらなくなったりすることがあります。

これは、中年に多いうつ症状です。

うつ症状が出てしまうと、職場で仕事がなかなかはかどらないだけでなく、家庭でも様々なことにやる気がなくなり多くの問題を生じてしまうことがあります。

そこで、今回は中年に多いうつ症状の原因とその予防と対策のコツをご紹介します。

こころのサプリマインドガード

—中年の鬱—

中年期といえば、様々なところで社会的にも安定した時期である場合が多いですが、一方でこの時点で何か問題が起きれば精神的なダメージが大きくなってしまう年代でもあるのです。

今まで積み上げてきた経験値が一気に崩れるようなことがあったり、家庭内での問題が起きたりと今まで頑張ってきた分これらが起きてしまうと精神的に処理できなくなってしまいます。

その結果、気分の落ち込みや、やる気や元気がなくなってしまういわゆるうつ状態になってしまうのです。

頑張ってきてやっと成果が出てきたと思う年代だからこそ、ここで何かあったときの衝撃が大きいため、中年期は鬱になりやすいのです。

—鬱の予防と改善—

鬱の予防法も改善法も基本的に同じで、いかに自分の存在意義を保つかが重要です。

1.趣味を持つ
なんでもいいので趣味を持ちましょう。

一人で没頭できるものも良いですが、それいじょうに家族や知人を巻き込めるような趣味だとさらに効果的です。

体を動かしたり頭を動かしたりなんでもいいので趣味を持ちましょう。

2.寝るときはリセット、朝は初期スタート

鬱になりやすい人の特徴として、翌日も前日のことをずっとひきづって考えてしまう癖があります 。

寝るときには人生を一度リセットして、翌日からは新たな人生が始まると考えて挑みましょう。

新たな人生が始まるのですから、何をしてもいいのです。

今までのことはリセットされたと考えることが大切です。

3.周りの人が声をかける

鬱になる人は、つい一人になってしまいます。

それを防ぐように周りの人が声をかけてあげることで、その人が周りの人に必要とされているということに気付いてもらえることができ、鬱になるのを予防できます。

—まとめー

鬱になる人は特に神経質で考え込みやすいという特徴があります。

常に、人生は一日で区切られていると意識し、翌日になれば新しいスタートを切ったと考えられるようにしましょう。

◆いろいろ工夫しても鬱的になりやすいときは、体内の休息ホルモンのセロトニンが不足しがちかもしれないです。

そんなときは、せろこころの青汁とも呼ばれているマインドガードDXを飲むと効果的です。

含まれる材料の休息ハーブのノニの成分のトリプトファンとスコポレチンが体内のセロトニン分泌を促します。

さらにハーブのクワンソウなど、リラックスできる成分が豊富です。

そにうえ美肌になる成分もたっぷりなので、ぐっすりと熟睡できて肌も綺麗になる!と人気です。
こころの青汁を通販でお得に購入する方法
鬱的だったり、なかなか夜眠れないと悩んだら、こころの青汁のマインドガードDXを飲んでみてください。

公式サイト↓
マインドガード

ug