中年!高血圧の危険性は?生活習慣で予防と対策

私たちは日頃から血圧を測る習慣はあまりありません。

病院にかかった時についでに血圧を測ったり、健康診断の時に血圧を測ることがあっても、若い世代から中年にかけて、自宅で毎日自分の血圧を測っている方は少ないと思われます。

血圧は一種の健康のバロメーターです。

高すぎても低すぎても体に悪く、正常値を保つことが理想的だと言われていますが、日本人の食生活が欧米化していることをきっかけに高血圧の方が急増しているといいます。

では、高血圧にはどのような危険性があるのでしょうか。

高血圧で1番恐れられているのは、脳と心臓の疾患です。

高血圧の原因は、先ほども挙げたように食生活による肥満や塩分過剰など、様々なものがありますが、高血圧状態が長い期間継続されると、大きな負担をかけてしまい脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなります。

脳梗塞や心筋梗塞は、高血圧などを判断基準に防いでいくことが大切です。
ある日いきなり発症する病気となっているため、自分で前触れのような自覚症状を察知することができません。

脳梗塞や心筋梗塞は命にかかわる重大な病気のため、軽視するのは大変危険です。

高血圧を改善するためには、食生活の見直しや生活習慣の見直しがとても大切です。

また血流の流れを良くする努力により改善されるものでもあります。

そんな血の巡りを向上させる方法としてオススメなのが、白井田七サプリメントです。

白井田七には、サポニンが豊富に含まれており、高血圧の改善にも非常に効果的です。

ぜひお試しください!

u