ウルウ(ULU)と白漢しろ彩(はっかんしろさい)の違いを比較!どちらを使うと効果?

「赤ら顔」で、お悩みの方、もうこれからはひとりで悩む必要ありませんよ!

私自身も若い頃から赤ら顔で悩んでいました。

いえ、正式には赤ら顔という名前は知らず、温度差などで顔が真っ赤になる症状で悩んでいました。

運動なども激しいものではなく軽い運動でも顔が赤くなり、周りに心配されたり、部屋の暖房でも赤くなりやすく、やはり周りから心配されたり、お酒の場では、暖房で赤い顔になっているのに、お酒を飲む前から「もう飲んでるの?顔、赤いよ」と、からかわれることもありました。

どれも今思うと「赤ら顔」の症状だったと思います。

周りから心配されたり、からかわれたり、なんとかしたいと思いつつも、痒いとか痛いとか、そういうことはなくて、ただただ見た目が肌が赤いだけなので、そのために仕事を休んで皮膚科を受診するのもなあ・・・と思ったり、仕事を休みの日を待って受診しようと思っても、そういう時は顔が赤くなくて症状が出ていない時に受診してもわからないだろうなあと思ったりしたまま、何年も過ぎていました。

きっと私のような方がたくさんいると思います。

しかし良いアイテムが今はあるので、紹介しますね。

1つは「ウルウ」、もう1つは「白漢しろ彩」です。

どちらも評価が高いので、それぞれ違いなどを比較してみたいと思います。

まず、どちらの商品も赤ら顔ケア専用の化粧品であることが共通しています。

白漢しろ彩は、様々な成分が配合されており、それらの良さを打ち出していますね。

赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ

一方、ウルウはセラミドケアを全面に打ち出しています。

どちらも良いと思いますが、セラミドケアを全面に打ち出してるい点で、ウルウの方がどのような良い面があるかイメージしやすいかなと思いました。

次に使い勝手ですが、白漢しろ彩は、化粧水なので前後のお手入れが必要になります。

ウルウは、オールインワン化粧品なので、これだけでお手入れが完了します。

ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

肌への優しさですが、どちらも肌に優しい処方となっています。

ただどちらかと言うと、ウルウは完全無添加なのに対し白漢しろ彩は、完全無添加ではありません。

返金保証について、ウルウは返金保証がありません。

白漢しろ彩は、返金保証がついています。

開封してからも返金可能なので、安心して使ってみることができますね。

ただし、購入時のパッケージが揃っていること、購入後60日間に限ること、1回限り、1品しか返金対象にならず、返品した商品は、今後購入できないこと、送料や手数料が引かれるなど、条件があるので、購入時にきちんと確認しておくと安心ですね。

どちらが良いか、自分に合う方を知り継続してお手入れしてみてくださいね。

返金保障付きが良い方は、白漢しろ彩をどうぞ。
白漢しろ彩公式サイト↓


完全無添加が良い方は、ウルウをどうぞ。
ウルウ公式サイト↓

rs