【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプは効かないという噂は本当?効果を出すコツは?

普段は血圧を測る機会がなかなかありませんが、病院を受診した時や健康診断を受けたときにたまたま血圧を測り、自分の血圧が思っている以上に高い時がありますよね?

血圧が高いことを長期間放置してしまうと、実はさまざまな病気の可能性が上がってしまうと言われています。

血圧は高ければ高いほど心臓に大きな負担を与えてしまい、さらに血管ももろくなっていくため、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが大きくなります。

このような病気を予防していくためにも、普段から血圧をコントロールしていくことが大切です。

そんな血圧のコントロールのサポートに大きな注目を集めているのが、理研ビタミン株式会社から販売されている機能性表示食品わかめペプチドです。

わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告されています。

そもそもわかめペプチドは、わかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

その中でも代表的なものはアミノ酸が2つ統合したペプチドで、フェニルアラニンチロシンバリルチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

血圧を上げてしまう物質の生産を低下させ、さらに血圧を下げる物質の分解を抑えることにより、ダブルの作用で血圧を安定させてくれるのです。

そのため高血圧のサポートとして多くの方から関心を集めています。

実際にメーカーでは人による検証実験が行われており、わかめペプチドを含む食品を摂取した人と、摂取してない人を比べてみると、8週間で確かな違いを検証することができました。

2015年4月に始まった新しい制度のもと、機能性表示食品として誕生したのがわかめペプチド粒タイプ。

「高めの血圧を下げる機能があることが報告されています」といったわかりやすい表示が可能になっています。

実際に試されている方の口コミを見ても、多くの方が良い効果を実感できている印象がありましたが、あまり効果がないのではないかと言う噂もあるようです。

【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプの口コミ評価レビュー!他の血圧サプリとの違いは何?

そこで今日は、わかめペプチド粒タイプで効果を実感するためのコツについてご紹介します。

まず効果を実感するためには継続して続けていく必要があります。

わかめペプチド粒タイプは医薬品ではないため、今日飲んで明日効果を実感できるようなものではありません。

検証実験でも8週間かけて効果を検証しているため、少なくても2ヶ月程度は続けていくことにより良い効果を実感しやすくなってくるでしょう。

また、途中で飲み忘れてしまうと本来の効果を実感しにくくなってしまうため、生活習慣として飲み忘れのないように取り入れていくことが大切です。

例えば朝食後、夕食後など飲みやすい時間帯を決め、常に目に届く場所に保管しておくと良いでしょう。

公式サイトでは初めての方限定で2週間お試しパックも販売されています。

こちらはお試しとなっているので、まずは続けていけるかどうかを実際に体験してみて下さいね。

⇩⇩キャンペーンでお得に申し込みたい方はこちら!


rU