頭痛を引き起こす生活習慣

日本人の4人に1人は頭痛持ちと言われています。

頭痛の原因は人それぞれで、ストレス、睡眠、疲労、食事、アルコール、喫煙など、実に様々な原因が存在しています。

それだけに、頭痛の改善は一筋縄ではいかないのです。

とはいえ、頭痛の原因はどれも日常生活に密接に関係しているものばかりなので、たとえばストレスに弱いなどといった自覚があれば、上手なストレス解消法を見つけるということも改善につながっていきます。

地道な作業ではありますが、ご自身の生活習慣や行動パターンを見つめ直して、気になったところをひとつずつ改めていくということも大切です。

ここで、頭痛になりやすい生活習慣について、もう少し詳しく見ていきましょう。

頭痛は、大きく分けると片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛と3つの種類に分けられますので、各タイプの頭痛を招く悪い習慣についてまとめてみます。

まず、若い女性に多いとされている片頭痛を悪化させる生活習慣についてです。

頭の片側、もしくは両側がズキンズキンと痛む頭痛を片頭痛と言いますが、これは寝不足や寝すぎ、疲労、過度の緊張や緊張からの解放、強い光やにおい・人込みなどの刺激が要因になりやすいと言われています。

片頭痛でお悩みの方は、過度なストレスを溜めないようにし、睡眠パターンを規則正しく守るように心掛けてみてください。

次に、緊張型頭痛についてです。

緊張型頭痛は、男性や更年期以降の女性に比較的多く見られ、肩から首の筋肉が緊張して起きる頭痛です。

頭が締め付けられるような痛みが特徴で、運動不足や同じ姿勢の維持、冷え、硬くて高い枕によって引き起こされることが多いようです。

肩と首の筋肉が硬直して血流が悪くなることが影響しますので、肩の力を抜いて上げ下げしたり、肩甲骨の開閉運動などを習慣にしましょう。

ストレッチや温かいお湯につかって筋肉の緊張をほぐすのが痛み緩和のコツです。

最後に、群発頭痛です。

群発頭痛の特徴は、目の奥がえぐられるような痛みや鋭い傷みで、ある期間に集中して頭痛がおこります。

季節の変わり目などに多いようで、一度痛み始めると毎日のように痛み、それが1~2か月続くという辛いものです。

患者数はそれほど多くはないのですが、この辛い群発頭痛のトリガーとなるのはアルコール摂取と言われていて、他にも生活の乱れ、睡眠の乱れ、気圧の変化がトリガーになることもあります。

気圧の変化は天候なので避けることができませんが、生活や睡眠の乱れ、アルコール摂取については、ある程度自分でコントロール可能ですので、症状がある方は気を付けましょう。

以上が、頭痛と生活習慣の関わりです。

私事ですが、頭痛や頭重のときはユーカリ精油で首筋を軽くマッサージするといつの間にか不快症状が緩和しています。

また、ミントをかじったら頭痛がすっと解消したという経験もあります。

医学的根拠はとくにありませんが、このように自分限定のオリジナルの緩和方法が見つかる場合もありますので、アロマやツボ押し、お灸なども試してみる価値はありますよ。

そして、どの頭痛にも共通していることは、規則正しい生活や疲れを溜めないようにすることです。

頭痛にお悩みの方は、参考にしてくださいね。

ズキズキガンガンで悩む時は

いろいろ注意しても、ズキズキガンガンが改善しない!と悩むときは、ずきしらずの実を飲むといいです。

ズキズキガンガンに良いと人気のハーブエキスのフィーバーフューなどを含むサプリメントだからです。

口コミ評価も高いサプリです。
ずきしらずの実の気になる効果と口コミ

ずきしらずの実を飲むとズキズキガンガンが和らいで落ち着きますよ。

us